cgクリエイターは苦労することもあるのか

映画のCGやゲームのCGなどを制作するcgクリエイターは、グラフィックソフトや3DCGソフトを使用し、その作品に応じたグラフィックを制作します。
この仕事はフリーランスで活動をする人が多く、フリーランスの場合は自宅でグラフィック制作をします。
自身の力量がはっきりと評価される仕事なので、力があればどんどん年収を上げる事ができるのです。

しかし良いことだけでなく、苦労することもあります。それは納期というものが存在している点です。
この納期というものは予め決まっており、納期までに作品を仕上げてクライアントに提出しないといけません。
納期を守ることができなければ評価も下がってしまうので、仕事が回ってこないこともあります。
会社に勤務している人であれば給料の心配をする必要がないのですが、フリーランスの場合だと収入が安定しないのです。
自分のペースで仕事ができるけれど、その分休み過ぎると仕事を取ることができなくなってしまいます。

それを回避するためには、常に活動をして自分をアピールしないといけないのです。
いい仕事を続けると業界内で有名になり仕事が取りやすくなるのですが、そこにたどり着くまでには時間がかかります。
また作品の規模によっては徹夜で仕上げないといけない場合もあり、会社勤務の場合は会社に泊まって仕事をすることも少なくありません。
特にゲーム業界では、マスターアップの1ヶ月前などが一番忙しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です